マリヤのごちそう

突然、この時期あまり鳴らない宿の電話が鳴った。

久しぶりにマリヤからの電話。
マリヤは、私がスプリットを旅していたときに、泊まったソベ(貸し部屋の宿)のおばあちゃん。
今は同業者のような感じで仲良くしてもらっている。

「今日、お昼作るから、食べにおいで~。」の電話。
こんなお誘いは初めてで、ビックリ嬉しい。

行って見ると、手作りのチキンスープとチキン、ジャガイモ、たまねぎを用意して待っていてくれた。

鳥は、おばあちゃんの村の放し飼いの鶏。
じゃがいもとたまねぎもおばあちゃんの畑から。
塩と胡椒をちょっとだけで、何もいらない本当に美味しい食材。

全部一緒に煮るシンプルなお料理だけど、
本当に美味しい。

そこで、おばあちゃんが何故今日呼んでくれたかと言うと・・・。
「ユキコ、もうこれから夜中、一人で歩いちゃいけないよ。何が起こるかわからない世の中になってしまった。」
と最近あった怖いニュースを教えてくれて、気をつけるようにと。

マリヤは心配してくれていたのだ。
本当にありがたくて嬉しい。

ここスプリットに住んで3年が経つ。

今までは、自分自身が外国人であることを意識していたけれど、
ここに居る事が普通に感じはじめ、最近はあまり意識していない。
それが相手にも伝わるのか、どんどん壁がなくなっているような気がする。
警察、市場のおばちゃんたち、マリヤ・・・。

本当にありがたいなぁと思う今日この頃である。

b0106609_63655100.jpg

<今日の夕陽>
[PR]
Commented by nami at 2008-02-13 09:01 x
いいですね☆
少しずつつながっていってるんだなぁって感じますよね♪
天然の光をあびて育ったクロアチアの食材
本当においしいし!!
壁がなくなるほど、より楽しい生活になりそうですね☆
Commented by あつぶー at 2008-02-13 09:37 x
気にかけていただけるのはありがたい。
それを表していただけるのは本当にありがたい。
素敵な方々に囲まれていられること、すばらしい。
きっと、みなさん、見守ってくださっているのですね。
それは、人徳ですわ、あなたの♪
by tomaya-croatia | 2008-02-13 06:37 | ありがとう | Comments(2)