カテゴリ:ありがとう( 49 )

奇跡のフィーチョ

12年前クロアチアに住み始めた頃から、ずっと欲しい車があった。
それがフィーチョ!

島でフィーチョに乗って暮らしたい!

ずっとずっとそう思っていた・・・・

8年位前の夏、スプリットからフヴァル島のヴルバニュの亜希子さんのところに遊びに行ったときのこと。
ワインを買いにワイナリーに行った。
ワイナリーの前には山吹色のフィーチョが停まっていた。

「この車欲しいんだよね~。」
亜希子さんは・・・
「この車に乗っている人と結婚しちゃえばいい!そしたら旦那付だよ」と冗談で言った。

時は流れ・・・・

2016年。

パウロが丘の一番上の畑に行くためだけに後ろエンジンの車を探していた。
どんなに古くてもいいから安いやつ・・・
情報収集していると、島内で300ユーロでフィーチョが売りに出ていると・・・。

フィーチョ????欲しい!!
壊れるから絶対ダメと乗ることをパウロに反対されていたフィーチョ。
欲しい!
今まで反対していたパウロも、「安いし畑に行くだけならいいか・・・。」

遂にフィーチョが!!!

そして何とフィーチョを取りに行ったら・・・。

そのフィーチョは6年前にパウロのお父さんが亡くなった際、売られてしまっていたフィーチョだった。

お父さんのフィーチョが今、息子のところへ・・・。

そしてそれは8年前ワイナリーの前に停まっていたフィーチョ。

パウロは当時ワイナリーで働いていて、お父さんのフィーチョで出勤していた。
あの時、ワインを売ったのもパウロ、ラベンダーの蒸留を見せてくれたのもパウロ。

知らぬ間に亜希子さんの冗談が本当の現実になった。

欲しいな~って思っていたものが、こんな形で手に入るとは・・・。
人生面白いことだらけ!!!

b0106609_16302341.jpg

[PR]
by tomaya-croatia | 2016-10-17 16:30 | ありがとう | Comments(2)

お客様の送迎から家に戻ると、ワインとオリーブオイルのテイスティングの跡だけが残り誰もいない。
宿の案内をお客様にしていると、鼻歌を歌いふにゃふにゃになったパウロが戻ってきた。

???

ことの経緯を聞いた私も驚愕!

娘のルチを海に連れて行ったパウロ、そこでシンガポール人の夫婦に話かけられた。
いろいろ話しているうちに、ワインを試しに来ないか?となったらしい。

うちに来てワインのテイスティングをしながら、オリーブの話になったらシンガポールの奥様の目が輝いた。
「オリーブオイルもテイスティングしたいわ!」

いつも通りパンを切って、2種類のオリーブオイルとともに出した。

奥様「パンじゃなくて直接飲んでみたいの、小さいカップはあるかしら?」

パウロはこの質問に、この人はオリーブオイルに詳しい人なんだなと思った。
「青いカップ(コンテストなどで使うテイスティングカップ)は無いですが、これでどうでしょう。」と差し出す。

奥様は両手でオイルを温めながら口に含んだ。
飲んだ後の奥様の目が真ん丸く大きくなり、品種の話などの質問攻めに。
パウロはコンテストで優勝したオイルの分析表を奥様に見せた。

奥様「A~~~~ha~~~~you are Paulo Caric!!! I was looking for you today!!!」
「あ~パウロツアリッチさん、今日あなたを探していたのよ!!!」
分析表の名前を見た奥様の反応。

「実は私フロスオレイ(権威ある世界オリーブオイルガイドブック)の審査員なの!」
スビルチェ村のオイル工場行ったら誰もいないし、村人にあなたのこと聞いたらこの村に今は居ないって言われたし、今日はオイルに縁がないわねって思って、ビーチに来たのよ!!!」

「このオイル素晴らしい、素晴らしいわ!」

この間行われたクロアチアのオイルコンテストの結果表を持ち歩いていたらしい。

フロスオレイ(世界オリーブオイルガイドブック)は世界で最も権威のあるオリーブコンテストの一つ。
オリーブ生産者に取ってここで金賞を取ることが目標だったりする。

パウロもいつかは出品したいってずっと思っていた。

まさか!!
その審査員があちらから歩み寄って来てくれた。オイルをべた褒めしてくれた。
そしてそのチャンスを神様が繋いでくれた。
何で村から離れたこのビーチに来た?何でパウロに話しかけた?いろいろな偶然が重ならなければ会えなかった。

人生そんな小さな偶然が重なり成り立っているものかもしれないが、今回ばかりは神様が「前に進みなさい」って背中を押しに来てくれたように感じる。(私の意見)

奇跡だねってパウロに言うと・・・
「奇跡?明日はペンキ塗りに行かないで、オリーブを守るため酢を仕掛けに行きなさいってメッセージだな。」

確かにそうかも知れない・・・。

先を見るのも大事かもしれないが、明日のオリーブを守らない限り、その先は無いのだ。
[PR]
by tomaya-croatia | 2016-06-11 06:25 | ありがとう | Comments(2)

苫屋畑 2016

5月も中旬に差し掛かり、畑仕事にハイシーズンへの準備に忙しいフヴァル島。
冬季休業のため閉まっていたお店もレストランもチラホラと営業開始!

初夏の清々しい快晴が続き、夏の足音も聞こえております!

今年から拡張した苫屋畑!
もちろん無農薬!肥料無!耕しただけの畑でどこまでできるのか!
じゃがいも、いんげん、ひよこ豆、グリーンピース、人参、はつか大根、大根、ルッコラ、かつお菜、
ほうれん草、ふだん草、かぼちゃ、ズッキーニ、トマト、ナス、オクラ・・・。
b0106609_1571436.jpg


大根とかぼちゃは種が島でもスプリットでも手に入らずAkikoさんがザグレブで見つけてくれた!!
かつお菜は岩手の苫屋さんから頂いたもの。
大豆は種が続かず残念ながら今年は無し・・・。

去年より大分種類を増やし、耕作面積も拡張し、果たして無農薬・肥料無でどうなるのか!!!
できあがりが楽しみです。
無事お客様の御口へ届きますように・・・。

今春初の収穫ははつか大根とほうれん草、ルッコラ!
b0106609_21336.jpg


b0106609_222210.jpg


生野菜を好まなかった娘も自分で種を蒔き、収穫した野菜だけは別。
土を払って即効口へ。
収穫しながら食べておりました。

今年はオリーブにもたくさん花の蕾が付いた!秋に良い収穫となりますように・・・。
b0106609_263364.jpg

[PR]
by tomaya-croatia | 2016-05-17 02:07 | ありがとう | Comments(0)

11月5日から11月8日まで、今年はダルマチア地方、トゥチェピ(Tucepi)にて、
ワイン国際コンテスト開催されました。
今年はこのコンテスト25周年記念です。
クロアチアが独立した1991年からスタートしたそう。

何と今年は2本も金賞受賞しました!!

一つは去年同様娘の名前が着いたLUCI(Plavac Mali種)。

もう一つは今年初エントリーしてたデザートワイン、プロシェック。
フヴァル島の土着品種の白のデザートワイン。
プロシェックは干し葡萄から作るデザートワインです。

フヴァル島では女の子が生まれると、自家製のプロシェックを将来の娘の結婚式のために保存します。
主人も娘が生まれたとき、18リットル保存しました。
何年後に結婚する時が来るのかわかりませんが、プロシェックはワインセラーで出番を待ち続けます。

その時のプロシェックを今回コンテストに出品したら、何と金賞!!!!!
このプロシェックは更に将来の娘の結婚式を彩ることになりそうです。

心から感謝感謝のコンテストでした。
b0106609_4474618.jpg


b0106609_448118.jpg


b0106609_4483887.jpg


b0106609_449389.jpg

[PR]
by tomaya-croatia | 2015-11-09 04:50 | ありがとう | Comments(1)

待ちに待ってました!!!
大凶作で一滴のエキストラバージンオイルもできなかった去年。
ずっとずっとこの日を待ち焦がれてきました。

大凶作から学び一年間いつも以上に気を張りながら、試行錯誤しながらオリーブを見守った主人。
生産量は大豊作とは言えないけれど、オリーブの質は最上級。
無農薬でここまで一傷もない健康なオリーブを育てたことに、家族ながら敬意を表します。

クロアチアだけでもオリーブの種類は600種類以上、オリーブの種類によってオイルの味も全く違います。
本日メインで収穫したのはイタリアに原種を持つレッチーノ。
マイルドでさらっと舌の上を流れるような味が特徴です。
また来週にかけてダルマチア地方に原種を持つオブリッツァの収穫も待っています。
今年の収穫はいつも以上に嬉しさと感謝の気持ちでいっぱい!

今日の収穫の様子です。

b0106609_4471490.jpg

本日のメイン、レッチーノ。

b0106609_4475561.jpg

美味しいオイルになってね~!

b0106609_4483325.jpg

水で洗浄された後、遠心隔分離の旅に出る。

b0106609_450078.jpg

出来ました!!2年ぶりのエキストラバージンオイル!!!ありがたや~!

b0106609_450537.jpg

おまけ:近所の人から頂いたダルマチアンポルチーニ(近所の人が名づけた)!
これまた絶品でした!

自然の恵みに感謝と感動の秋!
[PR]
by tomaya-croatia | 2015-10-18 04:57 | ありがとう | Comments(3)

春はまだかな~。
通り過ぎた冬がまた戻ってきたようなフヴァル島です。
アーモンドの花をその分ゆっくり堪能できるので、嬉しいのですが・・・。

昨日父と話していたら・・・。
「盛岡にクロアチアのチェロの人達来るよ。」と。
え?もしかして、2チェロズ???
b0106609_2340529.jpg

おおおおおおおおおおおお!



大きな都市での公演の中に、こんな小さな地方都市盛岡がなぜ???
嬉しすぎる~~~~!

クロアチアに住んでいても滅多に生で聴く機会なんて無いのに、
盛岡で聴けるなんて!!!しかも都南で・・・。
都南・・・まさに地元・・・。
クロアチアに憧れていた時、まさか地元でクロアチア人の公演が行われるなんて、
想像だにできなかった・・・。

盛岡近辺にに住んでいて、久しぶりに心をザワッとさせたい方、是非!!お勧めです!
日時:2015年6月27日 17時30分開演
場所:都南文化会館キャラホールへ!!
詳しくはこちら→公演日程

大きい都市にはもちろん行くようです!日本にお住まいの方是非!
私はクロアチアでフヴァル島にに来てくれる日を首を長くして待ってます。
[PR]
by tomaya-croatia | 2015-03-15 23:22 | ありがとう | Comments(0)

辛いことがあれば、嬉しいことが本当にあるものだ。
何と、今年2014年のクロアチアのワイン国際コンテスト「サバティーナ」Sabatinaで、
主人が創ったワインが金賞を受賞した!!

金賞受賞!!!

ディプロマ、銅賞、銀賞で名前を中々呼ばれず・・・もしかしてとドキドキしながら発表を待った。
そしたら何と金賞、Paulo Caric(パウロ・ツァリッチ)!!!Plavac Mali(プラヴァッツ・マリ)!!
プラヴァッツ・マリとは有名なカルフォルニアワイン-ジンファンデル、イタリアワイン-プリミティーヴォの兄弟品種でクロアチアのダルマチア地方の土着品種である。

昨年仕込んだそのワインの名前は「ルチ Luci」
娘の名前。

b0106609_320837.jpg


昨年ワイン職人のお兄さんから独立し、
主人が生まれて初めて誰の手も借りず、一人で仕込んだワイン。

娘への想いを込め、丁寧に創り上げたワイン。

葡萄は先祖代々受け継がれている。
主人の御爺さんとお父さんが1950年に植えた葡萄。

御爺さんもお父さんももうこの世にはいない。
孫の顔も見ることはなかった。

でも

自分が植えた葡萄が今は孫、息子に受け継がれ、曾孫、孫の名前が
その葡萄で作られたワインに付いている。
伝統を守りツアリッチ家の教え通り作られたワインが今、金賞を受賞。

今は亡き御爺さんとお父さんのことをふと思ってみる。
どこかで喜んで笑っているかな。

ただのワインかも知れない。
でも創った人の想いや歴史を想像するとますます美味しさが増す。

世の中美味しいもので溢れているけれど、
その一つ一つの美味しいものに作り手がいる。
「美味しいもの」の向こう側にある作り手のストーリーに思いを馳せると、
また違った「おいしさ」が生まれるのではないだろうか。

ワインもオリーブオイルも、「素材」から「製品」まで一人の人が丹精込めて作っている。
考えて見たら、そんな食べ物を口にする機会って少ないなって思う。

改めて島に受け継がれている暮らしのありがたみを感じる。
[PR]
by tomaya-croatia | 2014-11-18 03:20 | ありがとう | Comments(6)

8年ぶりの再会!

 クロアチア移住初期時代、当時珍しい日本人女子を船の中でナンパしてラストボ島に連れ込んだ!!
その世界一周女子ミミちゃんが、大人になって苫屋を訪れてくれた!

その当時は宿を開きたいと張り切ってはいたが、まだ何も手つかずでラストボのゲストハウスで修行中の身だったな~。

今回は近くのウィーンで過ごすつもりが急遽予定変更でクロアチアに来ることになったそう。
クロアチアと言えばあの時の「ゆきこさん」と思って探してくれたそう。
ありがたや~。
スプリットで宿をやっているのかと思ったら、島だったからびっくりしたそう。

思い出話にふけりながら着実に夢が現実になっていることを確認した。

ミミちゃんはスペインの巡礼に旅立っていった。
楽しいことに真っ直ぐに向かうミミちゃんがとても眩しかった。
ミミちゃんの躍進力とともに苫屋もさらなる発展へ向かって行けそうな気がした。
そんな再会だった。

b0106609_22551939.jpg

[PR]
by tomaya-croatia | 2014-06-05 22:55 | ありがとう | Comments(2)

やっと、や~~~~~~~~っと晴天!
内陸では大洪水が大問題のクロアチア、バルカン半島です。
今年は異常気象まっしぐら、5月も半ばを過ぎたというのに寒い、雨が多いどんよりした日々でした。
今日からやっといつも通りのダルマチア地方に戻りつつあります。
本当に、やっとです。

岩手から腹話術のダイちゃんと藤野さん一家が来島されました!
IBCニュースでもクロアチアへ旅立つ姿が流れていたと、父から聞き、まさか・・・そんな有名人だったとは。
世界の子どもたちに腹話術を楽しんでもらおうと、世界中飛び回っていらっしゃる藤野さん。
震災で活動を休止せざるをえなかったのですが、震災後、初めての公演がクロアチア!とても嬉しい限りです。
一つ目の会場は実家の村の幼稚園。
2年間勉強したというクロアチア語での講演、熱意が子どもたちに伝わり素晴らしい公演となりました。

b0106609_2243515.jpg


b0106609_22443264.jpg


そしてこの公演では他のお客様も折り紙スタッフと化し参加していただきました。
真ん中に現地人のように写っているのは、何と今回でフヴァル島10回目のミキナッツさんです。
苫屋がフヴァル島に移る前からこの島に惚れ込み来ていたミキナッツさん。
何と地球儀を目をつぶって回し、指したところに行くと決め、指さしたところがフヴァル島だったそう。
それで気に入って10回とは・・・凄すぎる~。
確かに魅力的な島ではありますが・・・。

本当、苫屋面白い人ばかりいらっしゃいます。
先日、世界一周家族新婚旅行の方々は私の憧れの方の友人でした!
日本に1億2千万人いるのにこんなことがあるものか~って思ったりしました。
そんなことがちょこちょこ起こるありがたきお仕事。
こんな田舎に居るのにたくさんの素敵な方々に会えて、改めてありがたいな~と思う今日この頃です。
[PR]
by tomaya-croatia | 2014-05-19 22:48 | ありがとう | Comments(0)

オリーブオイル出荷!

今年のオリーブの収穫が終わった。

今年は5月のヒョウ、暖かい秋など異常気象の影響などにより、
例年より大分少ない収穫量となった。
味は例年より辛みが少なく、マイルドに仕上がっている。

今年もトップバッターで名古屋のお客様へ獲れたてエキストラヴァージンが出荷される。
クロアチアからの発送となるので、瓶ではなくペットボトルに変身!
今年も無事に届きますように・・・。

b0106609_2281765.jpg

[PR]
by tomaya-croatia | 2013-11-14 22:08 | ありがとう | Comments(0)