カテゴリ:ありがとう( 53 )

辛いことがあれば、嬉しいことが本当にあるものだ。
何と、今年2014年のクロアチアのワイン国際コンテスト「サバティーナ」Sabatinaで、
主人が創ったワインが金賞を受賞した!!

金賞受賞!!!

ディプロマ、銅賞、銀賞で名前を中々呼ばれず・・・もしかしてとドキドキしながら発表を待った。
そしたら何と金賞、Paulo Caric(パウロ・ツァリッチ)!!!Plavac Mali(プラヴァッツ・マリ)!!
プラヴァッツ・マリとは有名なカルフォルニアワイン-ジンファンデル、イタリアワイン-プリミティーヴォの兄弟品種でクロアチアのダルマチア地方の土着品種である。

昨年仕込んだそのワインの名前は「ルチ Luci」
娘の名前。

b0106609_320837.jpg


昨年ワイン職人のお兄さんから独立し、
主人が生まれて初めて誰の手も借りず、一人で仕込んだワイン。

娘への想いを込め、丁寧に創り上げたワイン。

葡萄は先祖代々受け継がれている。
主人の御爺さんとお父さんが1950年に植えた葡萄。

御爺さんもお父さんももうこの世にはいない。
孫の顔も見ることはなかった。

でも

自分が植えた葡萄が今は孫、息子に受け継がれ、曾孫、孫の名前が
その葡萄で作られたワインに付いている。
伝統を守りツアリッチ家の教え通り作られたワインが今、金賞を受賞。

今は亡き御爺さんとお父さんのことをふと思ってみる。
どこかで喜んで笑っているかな。

ただのワインかも知れない。
でも創った人の想いや歴史を想像するとますます美味しさが増す。

世の中美味しいもので溢れているけれど、
その一つ一つの美味しいものに作り手がいる。
「美味しいもの」の向こう側にある作り手のストーリーに思いを馳せると、
また違った「おいしさ」が生まれるのではないだろうか。

ワインもオリーブオイルも、「素材」から「製品」まで一人の人が丹精込めて作っている。
考えて見たら、そんな食べ物を口にする機会って少ないなって思う。

改めて島に受け継がれている暮らしのありがたみを感じる。
[PR]
by tomaya-croatia | 2014-11-18 03:20 | ありがとう | Comments(6)

8年ぶりの再会!

 クロアチア移住初期時代、当時珍しい日本人女子を船の中でナンパしてラストボ島に連れ込んだ!!
その世界一周女子ミミちゃんが、大人になって苫屋を訪れてくれた!

その当時は宿を開きたいと張り切ってはいたが、まだ何も手つかずでラストボのゲストハウスで修行中の身だったな~。

今回は近くのウィーンで過ごすつもりが急遽予定変更でクロアチアに来ることになったそう。
クロアチアと言えばあの時の「ゆきこさん」と思って探してくれたそう。
ありがたや~。
スプリットで宿をやっているのかと思ったら、島だったからびっくりしたそう。

思い出話にふけりながら着実に夢が現実になっていることを確認した。

ミミちゃんはスペインの巡礼に旅立っていった。
楽しいことに真っ直ぐに向かうミミちゃんがとても眩しかった。
ミミちゃんの躍進力とともに苫屋もさらなる発展へ向かって行けそうな気がした。
そんな再会だった。

b0106609_22551939.jpg

[PR]
by tomaya-croatia | 2014-06-05 22:55 | ありがとう | Comments(2)

やっと、や~~~~~~~~っと晴天!
内陸では大洪水が大問題のクロアチア、バルカン半島です。
今年は異常気象まっしぐら、5月も半ばを過ぎたというのに寒い、雨が多いどんよりした日々でした。
今日からやっといつも通りのダルマチア地方に戻りつつあります。
本当に、やっとです。

岩手から腹話術のダイちゃんと藤野さん一家が来島されました!
IBCニュースでもクロアチアへ旅立つ姿が流れていたと、父から聞き、まさか・・・そんな有名人だったとは。
世界の子どもたちに腹話術を楽しんでもらおうと、世界中飛び回っていらっしゃる藤野さん。
震災で活動を休止せざるをえなかったのですが、震災後、初めての公演がクロアチア!とても嬉しい限りです。
一つ目の会場は実家の村の幼稚園。
2年間勉強したというクロアチア語での講演、熱意が子どもたちに伝わり素晴らしい公演となりました。

b0106609_2243515.jpg


b0106609_22443264.jpg


そしてこの公演では他のお客様も折り紙スタッフと化し参加していただきました。
真ん中に現地人のように写っているのは、何と今回でフヴァル島10回目のミキナッツさんです。
苫屋がフヴァル島に移る前からこの島に惚れ込み来ていたミキナッツさん。
何と地球儀を目をつぶって回し、指したところに行くと決め、指さしたところがフヴァル島だったそう。
それで気に入って10回とは・・・凄すぎる~。
確かに魅力的な島ではありますが・・・。

本当、苫屋面白い人ばかりいらっしゃいます。
先日、世界一周家族新婚旅行の方々は私の憧れの方の友人でした!
日本に1億2千万人いるのにこんなことがあるものか~って思ったりしました。
そんなことがちょこちょこ起こるありがたきお仕事。
こんな田舎に居るのにたくさんの素敵な方々に会えて、改めてありがたいな~と思う今日この頃です。
[PR]
by tomaya-croatia | 2014-05-19 22:48 | ありがとう | Comments(0)

オリーブオイル出荷!

今年のオリーブの収穫が終わった。

今年は5月のヒョウ、暖かい秋など異常気象の影響などにより、
例年より大分少ない収穫量となった。
味は例年より辛みが少なく、マイルドに仕上がっている。

今年もトップバッターで名古屋のお客様へ獲れたてエキストラヴァージンが出荷される。
クロアチアからの発送となるので、瓶ではなくペットボトルに変身!
今年も無事に届きますように・・・。

b0106609_2281765.jpg

[PR]
by tomaya-croatia | 2013-11-14 22:08 | ありがとう | Comments(0)

先日マカルスカの近くのトゥチェピでオリーブオイルコンテストが行われた。
3泊4日ホテルに泊まりこみで行われる1年に1回のイベント。
今年は1000人以上の人が参加し、オイルも500本以上がエントリーされた。
クロアチアだけではなく近隣のモンテネグロやスロベニアなどからも出品されていた。

去年も金賞を受賞したのだが、今年は2種類のオイルで金賞を受賞!
b0106609_410163.jpg


コンテストではオリーブオイルのおいしさを如何に判断するか、利き酒ならぬ利きオリーブオイルの講座や
どの料理とオイルとワインが合うかなどの講座が行われた。
b0106609_4114117.jpg

利きオリーブオイルでは8種類のオリーブオイルを質のいいものや香り、辛み、苦みなどによって格付けしたり、料理との調和ではワインとオイルのコンビで口の中に広がる旨味に大きな違いがあることに驚かされた。

ポシップのマルコポーロ(白ワイン)はエキストラバージンオイルの中でもフルーティーなものとの相性が抜群で、普通のタコサラダが今まで食べたタコサラダの中で一番美味しいサラダに大変身!
料理もワインとオイルが違うだけでこれだけ変わるとは・・・勉強になった。

またオリーブの種類によってこれまたオイルの味は全く違く、これも料理との組み合わせで味わい方がいろいろ変わり面白い。

良質なオリーブオイルを作る生産者たちと交流できたことが主人の何よりもの財産。
保守的な島人からは変わり者扱いされる主人もこういう場では至って普通、居心地が良かったらしく来年はイストラ半島とイタリアのコンテストにも出品する!と張り切っている。
[PR]
by tomaya-croatia | 2013-03-27 04:23 | ありがとう | Comments(13)

苫屋シーズンスタート!

連日40度近い暑さ。

あづい~。

もうここ2週間は雨が1滴も降っていない。

海の青が更に碧く、海水浴が最高!の季節です。
お客様も浮き輪でプカプカ美しいアドリア海に浮いています。

そして、何と!苫屋オリジナルお土産コーナーを作りました。

クロアチアのオリーブオイル国際コンテストで金賞を受賞した自家製オリーブオイル、

特級赤ワインの産地イバンドーラッツ、出荷する前に更に最上級葡萄だけを厳選して作った赤ワイン。

無人島から摘んできたケッパーの自家製ワインビネガー漬け。

特産品で作ったラキア(グラッパ)各種などなど

これから更に増える予定です。

フバール島はイバンドーラッツでしか味わえないものばかり!

b0106609_18312078.jpg


お土産にどうぞ~!
[PR]
by tomaya-croatia | 2012-06-27 18:32 | ありがとう | Comments(2)

クロアチア人の温かさ

フバール島に越してからも毎週土曜日、スプリットで日本語を教えている。

震災の後のクラスで岩手の思い出話をした。

小さい頃よく海水浴に行った陸前高田のこと、
毎年夏になるとタッパ一杯に送られてくる山田のおいしいウニのこと、
遠泳の授業で必死に泳いだ釜石の海のこと、
アルバイトの後朝日を見にドライブで行った宮古の浄土ヶ浜のこと、
盛岡で奇跡的に出会ったクロアチア人とよく一緒に遊びに行った田老町真崎海岸のこと、
クロアチア移住前3年住んでいた久慈のこと、
岩手の苫屋野田村のこと・・・三陸岩手のたくさんの思い出。

一人の学生が急に立ち上がり、
「ずっと何か日本のためにできることはないか探しているんだけど、義援金を募金するお金は私達にはそんなに無いの。他にも私達にできることはある?」と。

その時は、岩手県出身のクロアチア苫屋のお客様が岩手の子ども達へメッセージを集めている話をした。

翌週、なんとたくさんのメッセージを持って教室に学生が集まっていた。

クラスの中には高校でイタリア語を教えている教員もいる。
自分の授業を裂いて日本の話をしてくれたそう、学生からメッセージを書きたいと作成!
まだ習い始めたばかりのひらがなを生徒にも教えて、それぞれ名前がひらがなで書かれていた。

クロアチアとボスニアヘルツェビナのボーイスカウトが日本のボーイスカウトへメッセージが贈るって!昨日はスプリットの養護学校と幼稚園からもらって来た!というお母さん学生。

学校のクラスメートにも書いてもらったの!という高校生。

家族みんなで思いを込めて書いてきたという学生。

日本語を学び始めてまだ間もないのに、たくさんの友達、家族にひらがなを教えながら、辞書やインターネットで日本語を調べながら、何とか日本の子ども達へ伝えたいと書かれたメッセージや絵。

学生達の温かい心、その心に賛同して書いてくれたスプリットの各学校の方々。
三陸岩手の子ども達へ是非送らせて頂きたいと思う。
b0106609_17294364.jpg
b0106609_17291384.jpg
b0106609_1729062.jpg
b0106609_17284753.jpg
b0106609_17283185.jpg

[PR]
by tomaya-croatia | 2011-04-04 17:29 | ありがとう | Comments(12)

杖をついたお爺さん

今朝近くの町の銀行へ行った。
この島の人口は約15000人、その町の人口は約1700人。

窓口で手続きを待っていると・・・
隣の窓口に杖を突いたおじいさんが入ってきた。
「日本へ募金したいんだけど、これを赤十字にお願いします。」と銀行員に言った。

耳を疑った・・・胸を打たれた。
「あ・・・ありがとう。」とか細く言うとただ頷いて出て行った。

クロアチアの島の小さな町のおじいちゃん、
時間を割いて、杖を突いて歩いて銀行まで寄付に来てくれた。
その行為に心を揺さぶられた。

何も言わず行動を起すおじいちゃん。

Hvar島のJelsaの町で。
b0106609_2332593.jpg



'Save Iwate!'をクリックすると岩手の救援活動のサイトに繋がります!
Save Iwate!
>
[PR]
by tomaya-croatia | 2011-03-18 22:52 | ありがとう | Comments(2)

最後の夕陽

皆様、たくさんのご祝辞のお言葉ありがとうございます!

今日は秋晴れ、大快晴でした。
そんな最後の営業日の夕陽はこれまた、素晴らしかったです。

一人夕陽を見ながら、しみじみじんわりきました。

住所変更をしに警察へ行きました。
最初の年に「クロアチア語話せないなら、住むな!」っていったおばちゃんが担当でした。
最後のおばちゃんは笑顔でした。ちょっと寂しかったです。

この夕陽!最高!!!!!!
b0106609_150879.jpg

b0106609_1502586.jpg

b0106609_1504189.jpg


飛行機雲合戦でした。
[PR]
by tomaya-croatia | 2010-10-30 01:51 | ありがとう | Comments(12)

こんにちは。

今日のスプリットは強風、大雨!
北風ブラが吹きこむため、寒くて、冷たい雨・・・雨・・・雨。
スプリットの真冬のような天気!

この度、皆様に感謝の意を込めて、ご報告です。

今月29日を持ちまして、スプリット苫屋は閉宿させていただきます。
11月から念願の島苫屋、Hvar苫屋として、Hvar島(フバール島)で営業させていただきます。

ずっといつかは島へ・・・と思ってきましたが、願いが叶うとなるとワクワク感とドキドキ感の隣に、いろ~んなことがあったこのスプリット苫屋への想いが込み上げてきて、何とも表現できません。

2006年6月18日から2010年10月29日まで、全4年4ヶ月11日。

来てくださったお客様、遠くから応援してくれた家族、友達、何度も遠くから足を運んでくださった方々、マグロを片手に来てくださったツナキング一同様、急に外国人が出入りしてビックリしただろうに、4年間何も言わず見守ってくださった近所の方々・・・本当に数え切れないほどのたくさんの方々に支えられてここまでやってこれました。

心からありがとうございます。
b0106609_23452563.jpg


また島苫屋、Hvar苫屋で新たにスタートしたいと思います。

このHvar苫屋はスプリット苫屋とはちょっと違ったコンセプトで発進です。
詳しくはまた改めてご報告させていただきます。

スプリット苫屋からの眺め・・・いつもありがとう!ありがとうございました!
[PR]
by tomaya-croatia | 2010-10-26 23:52 | ありがとう | Comments(46)