カテゴリ:ありがとう( 49 )

先日マカルスカの近くのトゥチェピでオリーブオイルコンテストが行われた。
3泊4日ホテルに泊まりこみで行われる1年に1回のイベント。
今年は1000人以上の人が参加し、オイルも500本以上がエントリーされた。
クロアチアだけではなく近隣のモンテネグロやスロベニアなどからも出品されていた。

去年も金賞を受賞したのだが、今年は2種類のオイルで金賞を受賞!
b0106609_410163.jpg


コンテストではオリーブオイルのおいしさを如何に判断するか、利き酒ならぬ利きオリーブオイルの講座や
どの料理とオイルとワインが合うかなどの講座が行われた。
b0106609_4114117.jpg

利きオリーブオイルでは8種類のオリーブオイルを質のいいものや香り、辛み、苦みなどによって格付けしたり、料理との調和ではワインとオイルのコンビで口の中に広がる旨味に大きな違いがあることに驚かされた。

ポシップのマルコポーロ(白ワイン)はエキストラバージンオイルの中でもフルーティーなものとの相性が抜群で、普通のタコサラダが今まで食べたタコサラダの中で一番美味しいサラダに大変身!
料理もワインとオイルが違うだけでこれだけ変わるとは・・・勉強になった。

またオリーブの種類によってこれまたオイルの味は全く違く、これも料理との組み合わせで味わい方がいろいろ変わり面白い。

良質なオリーブオイルを作る生産者たちと交流できたことが主人の何よりもの財産。
保守的な島人からは変わり者扱いされる主人もこういう場では至って普通、居心地が良かったらしく来年はイストラ半島とイタリアのコンテストにも出品する!と張り切っている。
[PR]
by tomaya-croatia | 2013-03-27 04:23 | ありがとう | Comments(13)

苫屋シーズンスタート!

連日40度近い暑さ。

あづい~。

もうここ2週間は雨が1滴も降っていない。

海の青が更に碧く、海水浴が最高!の季節です。
お客様も浮き輪でプカプカ美しいアドリア海に浮いています。

そして、何と!苫屋オリジナルお土産コーナーを作りました。

クロアチアのオリーブオイル国際コンテストで金賞を受賞した自家製オリーブオイル、

特級赤ワインの産地イバンドーラッツ、出荷する前に更に最上級葡萄だけを厳選して作った赤ワイン。

無人島から摘んできたケッパーの自家製ワインビネガー漬け。

特産品で作ったラキア(グラッパ)各種などなど

これから更に増える予定です。

フバール島はイバンドーラッツでしか味わえないものばかり!

b0106609_18312078.jpg


お土産にどうぞ~!
[PR]
by tomaya-croatia | 2012-06-27 18:32 | ありがとう | Comments(2)

クロアチア人の温かさ

フバール島に越してからも毎週土曜日、スプリットで日本語を教えている。

震災の後のクラスで岩手の思い出話をした。

小さい頃よく海水浴に行った陸前高田のこと、
毎年夏になるとタッパ一杯に送られてくる山田のおいしいウニのこと、
遠泳の授業で必死に泳いだ釜石の海のこと、
アルバイトの後朝日を見にドライブで行った宮古の浄土ヶ浜のこと、
盛岡で奇跡的に出会ったクロアチア人とよく一緒に遊びに行った田老町真崎海岸のこと、
クロアチア移住前3年住んでいた久慈のこと、
岩手の苫屋野田村のこと・・・三陸岩手のたくさんの思い出。

一人の学生が急に立ち上がり、
「ずっと何か日本のためにできることはないか探しているんだけど、義援金を募金するお金は私達にはそんなに無いの。他にも私達にできることはある?」と。

その時は、岩手県出身のクロアチア苫屋のお客様が岩手の子ども達へメッセージを集めている話をした。

翌週、なんとたくさんのメッセージを持って教室に学生が集まっていた。

クラスの中には高校でイタリア語を教えている教員もいる。
自分の授業を裂いて日本の話をしてくれたそう、学生からメッセージを書きたいと作成!
まだ習い始めたばかりのひらがなを生徒にも教えて、それぞれ名前がひらがなで書かれていた。

クロアチアとボスニアヘルツェビナのボーイスカウトが日本のボーイスカウトへメッセージが贈るって!昨日はスプリットの養護学校と幼稚園からもらって来た!というお母さん学生。

学校のクラスメートにも書いてもらったの!という高校生。

家族みんなで思いを込めて書いてきたという学生。

日本語を学び始めてまだ間もないのに、たくさんの友達、家族にひらがなを教えながら、辞書やインターネットで日本語を調べながら、何とか日本の子ども達へ伝えたいと書かれたメッセージや絵。

学生達の温かい心、その心に賛同して書いてくれたスプリットの各学校の方々。
三陸岩手の子ども達へ是非送らせて頂きたいと思う。
b0106609_17294364.jpg
b0106609_17291384.jpg
b0106609_1729062.jpg
b0106609_17284753.jpg
b0106609_17283185.jpg

[PR]
by tomaya-croatia | 2011-04-04 17:29 | ありがとう | Comments(12)

杖をついたお爺さん

今朝近くの町の銀行へ行った。
この島の人口は約15000人、その町の人口は約1700人。

窓口で手続きを待っていると・・・
隣の窓口に杖を突いたおじいさんが入ってきた。
「日本へ募金したいんだけど、これを赤十字にお願いします。」と銀行員に言った。

耳を疑った・・・胸を打たれた。
「あ・・・ありがとう。」とか細く言うとただ頷いて出て行った。

クロアチアの島の小さな町のおじいちゃん、
時間を割いて、杖を突いて歩いて銀行まで寄付に来てくれた。
その行為に心を揺さぶられた。

何も言わず行動を起すおじいちゃん。

Hvar島のJelsaの町で。
b0106609_2332593.jpg



'Save Iwate!'をクリックすると岩手の救援活動のサイトに繋がります!
Save Iwate!
>
[PR]
by tomaya-croatia | 2011-03-18 22:52 | ありがとう | Comments(2)

最後の夕陽

皆様、たくさんのご祝辞のお言葉ありがとうございます!

今日は秋晴れ、大快晴でした。
そんな最後の営業日の夕陽はこれまた、素晴らしかったです。

一人夕陽を見ながら、しみじみじんわりきました。

住所変更をしに警察へ行きました。
最初の年に「クロアチア語話せないなら、住むな!」っていったおばちゃんが担当でした。
最後のおばちゃんは笑顔でした。ちょっと寂しかったです。

この夕陽!最高!!!!!!
b0106609_150879.jpg

b0106609_1502586.jpg

b0106609_1504189.jpg


飛行機雲合戦でした。
[PR]
by tomaya-croatia | 2010-10-30 01:51 | ありがとう | Comments(12)

こんにちは。

今日のスプリットは強風、大雨!
北風ブラが吹きこむため、寒くて、冷たい雨・・・雨・・・雨。
スプリットの真冬のような天気!

この度、皆様に感謝の意を込めて、ご報告です。

今月29日を持ちまして、スプリット苫屋は閉宿させていただきます。
11月から念願の島苫屋、Hvar苫屋として、Hvar島(フバール島)で営業させていただきます。

ずっといつかは島へ・・・と思ってきましたが、願いが叶うとなるとワクワク感とドキドキ感の隣に、いろ~んなことがあったこのスプリット苫屋への想いが込み上げてきて、何とも表現できません。

2006年6月18日から2010年10月29日まで、全4年4ヶ月11日。

来てくださったお客様、遠くから応援してくれた家族、友達、何度も遠くから足を運んでくださった方々、マグロを片手に来てくださったツナキング一同様、急に外国人が出入りしてビックリしただろうに、4年間何も言わず見守ってくださった近所の方々・・・本当に数え切れないほどのたくさんの方々に支えられてここまでやってこれました。

心からありがとうございます。
b0106609_23452563.jpg


また島苫屋、Hvar苫屋で新たにスタートしたいと思います。

このHvar苫屋はスプリット苫屋とはちょっと違ったコンセプトで発進です。
詳しくはまた改めてご報告させていただきます。

スプリット苫屋からの眺め・・・いつもありがとう!ありがとうございました!
[PR]
by tomaya-croatia | 2010-10-26 23:52 | ありがとう | Comments(46)

カラッと爽やかな夏のスプリット!

これぞ最高の夏!影で涼しく、日向で暑い!
アドリア海も青く美しくきらめいております。

先日、朝、警察から電話が・・・「永久滞在ビザの件ですけど・・・」
「はい、今度はどんな書類が足りないんですか?」と聞くと、
「いや、今日あげるから取りにおいで!」

「ええええええええええええええええええええええええええええええ!!
嬉しい!!!!!!!!!ありがとおおおおおございます~~~~~~~!」

受話器の向こうでクスクス笑う声。

いよいよ、この日が来た!
手にした瞬間の感動を想像しては、涙ぐんでいた日々。
きっともらった瞬間泣くだろうな・・・なんて想像していた。

シャワーを浴びながら震える手、化粧しながらアイラインを書いたのを忘れ、2度書き。
平常心、平常心と言い聞かせながら、家を出た。

そう、警察への今までのお礼のチョコレートも忘れちゃいけない。

いよいよ警察に着いた。
笑顔で係員のおばちゃんが待っててくれた。
手数料の支払いの手続きを済ませ、いよいよ奥から永久滞在許可証を張ったパスポートを持ってきてくれた。

「チェスティータム!(おめでとう!)」と笑顔で。

泣けるだろう瞬間あまりに実感がわかず涙すら出ない。

チョコレートを差し出すと、おばちゃんは、当たり前のことを当たり前にやっているだけだから、
必要ないのよこういう御礼は・・・といいながらガサガサ開けだした。

そして、「貴方がまず最初に取って、喜びを分かち合いましょう」と・・・。
残りを奥の方のスタッフに持って行き、おばちゃんがカウンターに戻ってきて、一緒に食べた。
笑いながら美味しいと言ってくれた時は本当に嬉しかった。

怒られ、怒鳴られることから始まったビザ取得物語の最後は笑顔で終わった。

「人生で一番嬉しい日です。」(大袈裟)と言うと、係員のおばさんは大笑いしていた。

2004年8月1日に宿をやりたいという思いで、バックパックを背負ってクロアチアに入国した。

2010年8月2日 永久滞在ビザ取得

何と丸々6年。凄い偶然・・・。

そして、今日、何と朝携帯にメールが・・・。

「今日、スプリットに行くから時間があったら会いたいんだけど」

1998年私が初めてクロアチアを訪れるきっかけをくれた、
難民キャンプの支援団体、NGOスンツオクレットのディレクターからだった。

もう2年以上も連絡を取っていなかったので驚いた。
彼女は2004年に入国した時も、泊めてくれたり、アドバイスをくれたりしてくれた人。
b0106609_0342272.jpg



全てが創られたストリーのように凄いタイミングで繋がっていく・・・。

周りの人に、感謝しなさい、あなたの力だけでもらったものではないのですよ。と神様が言ってくれているようだ。

また新しいクロアチア生活が始まった。
とてつもなくワクワクしている今日この頃である。

感謝の気持ちと共に、楽しんで生きていこうと改めて思う。

心からありがとうございます!
[PR]
by tomaya-croatia | 2010-08-05 00:34 | ありがとう | Comments(30)

奇跡の結婚式!

真夏のスプリット!暑い!

しかし、目の前に広がるアドリア海が心も身体も元気にしてくれる!
一日、アドリア海を離れたのだけど、その時のエネルギーダウンの激しいこと激しいこと・・・。
さすが、アドリア海!帰ってきて感謝!感謝!
いつも元気なのはアドリア海のおかげだった~~~~~!

先週末は盛岡で会ったクロアチア人の友人、マリヤの結婚式だった。

彼女とは奇跡の出会い。
盛岡にいるはずも無いクロアチア人を12年前に見つけたときは、息が止まるほど興奮し、緊張し、ドギマギ話しかけたことを今でも覚えている。
大使館に問い合わせてもその当時在日19人のクロアチア人は東京、大阪、神戸のみと聞いた。
クロアチア語を習いたいがために、いろいろ探し回っていた頃、
岩手県国際交流プラザのソファーに座っていた時だ。

後ろからクロアチア語の女性の会話。「う・・・嘘だよね?」
耳を澄ましじっと聞いた。確信を持っても、緊張してしばらく話しかけられなかった。

そうこうしているうちに帰りかけている彼女達。
覚えたてのクロアチア語で勇気を振り絞って声を掛けた。

目を丸くして驚く彼女達。
盛岡でクロアチア語??????

彼女、マリヤはクロアチア人、ドイツ在住。
もう一人会話の相手は、ミミちゃん、セルビア人ドイツ在住。

そう、二人はドイツの留学生として盛岡に来ていた。
もちろんドイツ人で登録しているのでクロアチア人で探してもわからなかったのだ。

こんな小さな町にクロアチア人。
いつの間にか毎晩3人一緒に過ごすようになった。

このときから、願えば叶うっていう人生がスタートしたのかもしれない。
クロアチアを追いかければ追いかけるほど、追い風が吹き、奇跡がどんどん起こったのである。

今週末はその大切な友人マリヤの結婚式だった。
しかもドイツではなく、クロアチアはザグレブで。

嬉しいことに、今、私は念願叶ってクロアチアに住んでいる。

これは行きたい!結婚式!

でも・・・今年は一人苫屋なのでオンシーズンに行ける訳も無く、欠席の連絡をした。

もちろん怒りの電話。
「ミミちゃんはアメリカから来るのに!何でクロアチアに住んでいるユキが来ないってどういうこと???仕事、仕事っていつもそればっかり、あなたにとって大切なものは仕事だけ?その時稼ぐ分のお金は私があげるから、仕事キャンセルして、お願いだから来て。とても大切な日じゃない!何年ぶりに3人で会えると思っているの?ミミちゃんはアメリカからよ!」

でもやっぱりお客様の予約を断ることはできない。
しばらく連絡をしないでいたら・・・。

ミミちゃんから電話が・・・。
「私達6年ぶりよ。ユキがクロアチアに入国した時、一緒に車でドイツから来た時以来じゃない!何で来れないの?お願い。お願い。マリヤをせっかくの日に悲しませないで。」

いい案がないだろうか・・・しばらく考えていると・・・。

何と!!!!!

12年前、交通事故、救急車で運ばれた時に当直医で助けてくれたお医者さん、
私の主治医がスペインの巡礼を歩き終わったから、遊びに来ると連絡が・・・。

なりふり構わず、1泊だけお手伝い願えないかとお願いしてみた。

命を救ってくれたお医者さんは、大切な機会まで救ってくれた。
本当に恩人だ。

何と奇跡が重なり、私はマリヤの結婚式に行くことができた。
感無量の結婚式だった。
b0106609_16314490.jpg


盛岡メンバーが実際クロアチアに揃ったのが嬉しくて嬉しくて、
マリヤとミミちゃんに、思えば叶う!!って興奮して叫んだら、
ユキの場合は執念ねって笑っていた。

b0106609_16324983.jpg

[PR]
by tomaya-croatia | 2010-07-20 16:33 | ありがとう | Comments(20)

週末のアドリア海特集

今日も歩くとすぐ汗ばむ陽気。
スプリットのもう夏はすぐそこ!

週末は天気も良く、アドリア海の美しさを満喫できました。
そこで先週末のアドリア海をどうぞ!

b0106609_1454710.jpg

ヨットも気持ち良さそう!

b0106609_1462098.jpg

天空の町スプリット?

b0106609_1465519.jpg

寒いのに裸で飛び出していったダニエル。

b0106609_1474088.jpg

まだ人が居ない朝のビーチ。

b0106609_1482599.jpg

ヌーディストビーチ、水着装着禁止のマーク。
[PR]
by tomaya-croatia | 2010-05-11 01:48 | ありがとう | Comments(8)

突然!

朝から大きなクルーザーが3隻もスプリットの港に入港。
花曇の賑やかな日曜日。

突然電話が・・・。
「ユキコ~日曜日だよ。暇でしょ?今から息子を迎えにやるから~。
今、オミシュに来ているの。だからおいで~。」

「え・・・はい!はい!行きます!」
あまり状況はわからないけれど、嬉しい!会いたい!行きたい!
と言うことで二つ返事。

一時間後に下のガソリンスタンドまで息子さんが来てくれた。
え~!島人がもう一人乗っている・・・。
一体誰がオミシュにいるのだろう・・・。
誰が島から来ているのか尋ねると、「みんな」と。
「みんな???」

車で進むのはいいが、行く先はオミシュのはずが・・・道が違う。
「え?どこ?に行くの?」
「まず、この景色を見ないと!」と・・・。
b0106609_450410.jpg


わお~。いつの間にかオミシュの裏に来ていた!
裏オミシュ!
遠くに見えるのはブラーチ島。
目の前の川はツェティナ川。
エニシダも綺麗に咲いている!
わお~。スペル~。

また車で進むと・・・。
b0106609_4522063.jpg

いつの間にやら、モソル山のふもとに・・・。

ここはポリュチャナと言って、
ドブロブニクよりも古くから独立を保っていた国だったところだよ・・・と。
ひえ~。知らなかった・・・こんなところに・・・。

今日はそのお祝いの日らしく、村は人で賑わっていた。
お家に案内されると・・・。Ivan Dolacの村民ほぼ全員。
本当にみんなで来たんだな~。

驚きと喜びとで一人はしゃいでいると・・・。ヤギが登場。
朝まで元気だった生後2ヶ月のヤギ達。
b0106609_458161.jpg

b0106609_4585480.jpg

b0106609_4592795.jpg

b0106609_4595272.jpg

b0106609_501731.jpg


ヤギを育てたおじさんが、さばき、焼き、料理し、みんなのテーブルへ。
そしてみんなが食べる。

「これを残酷だと思うか?
自分で育て、自分で殺し、自分で料理して、その命に感謝して初めて、
ありがたいって思って食べられるんだよ。魚だって野菜だってみんな生きているんだ。
命を僕達に捧げてくれるんだよ。本当に感謝だね~。」

食事の前におばあちゃんが祈りを捧げた。




最後にHVAR島の伝統クッキー。
パプレニャック!
お祝い事には欠かせない一品。
b0106609_5145381.jpg


今日は本当にまた夢のような、タイムスリップのような一日。
おじさんが教えてくれたこと・・・自分の手で感じる暮らしをしていきたいと心から思う。
[PR]
by tomaya-croatia | 2010-04-26 05:16 | ありがとう | Comments(7)