ここ一週間、夏のような陽気が続くスプリット!
雲ひとつ無く、アドリア海は青々と輝き、新緑の木々に花が咲き乱れている。
あ~なんて気持ちのいい!ゴールデンウィーク!

火山灰の影響もなく、飛行機も順調に飛んでいるようで、
昨日からGWはスプリット苫屋も満室に!

久しぶりの満室!
あまりの嬉しさに、さんさ踊りを踊り始めた自分・・・。
あ、ちょっと恥ずかしい・・・我に帰る。

昨夜は満室の祝杯をお客様と!
素敵なお客様と、とてもとても楽しい時間。

毎年GWにクロアチアに来ている方、火山灰で先週フライトがキャンセルになり日本に帰省できなかったため急遽休暇をクロアチア旅行に切り替えたパリの学生、有給休暇を駆使してクロアチアへ来た方々、学校を休んで3ヶ月東欧の旅をしている二十歳の学生さん!

この陽気と満室であまりの嬉しさに「ありがとうぉぉぉぉ!」
とアドリア海に向かって叫・・・・・びたい!

b0106609_22591814.jpg

夏に向け、グングン伸びだしたイチジク!

b0106609_2301248.jpg

海辺で水遊びおじいちゃん!

b0106609_2305967.jpg

先日の穏やかなアドリア海!
[PR]
by tomaya-croatia | 2010-04-29 23:01 | Split宿『苫屋』 | Comments(12)

突然!

朝から大きなクルーザーが3隻もスプリットの港に入港。
花曇の賑やかな日曜日。

突然電話が・・・。
「ユキコ~日曜日だよ。暇でしょ?今から息子を迎えにやるから~。
今、オミシュに来ているの。だからおいで~。」

「え・・・はい!はい!行きます!」
あまり状況はわからないけれど、嬉しい!会いたい!行きたい!
と言うことで二つ返事。

一時間後に下のガソリンスタンドまで息子さんが来てくれた。
え~!島人がもう一人乗っている・・・。
一体誰がオミシュにいるのだろう・・・。
誰が島から来ているのか尋ねると、「みんな」と。
「みんな???」

車で進むのはいいが、行く先はオミシュのはずが・・・道が違う。
「え?どこ?に行くの?」
「まず、この景色を見ないと!」と・・・。
b0106609_450410.jpg


わお~。いつの間にかオミシュの裏に来ていた!
裏オミシュ!
遠くに見えるのはブラーチ島。
目の前の川はツェティナ川。
エニシダも綺麗に咲いている!
わお~。スペル~。

また車で進むと・・・。
b0106609_4522063.jpg

いつの間にやら、モソル山のふもとに・・・。

ここはポリュチャナと言って、
ドブロブニクよりも古くから独立を保っていた国だったところだよ・・・と。
ひえ~。知らなかった・・・こんなところに・・・。

今日はそのお祝いの日らしく、村は人で賑わっていた。
お家に案内されると・・・。Ivan Dolacの村民ほぼ全員。
本当にみんなで来たんだな~。

驚きと喜びとで一人はしゃいでいると・・・。ヤギが登場。
朝まで元気だった生後2ヶ月のヤギ達。
b0106609_458161.jpg

b0106609_4585480.jpg

b0106609_4592795.jpg

b0106609_4595272.jpg

b0106609_501731.jpg


ヤギを育てたおじさんが、さばき、焼き、料理し、みんなのテーブルへ。
そしてみんなが食べる。

「これを残酷だと思うか?
自分で育て、自分で殺し、自分で料理して、その命に感謝して初めて、
ありがたいって思って食べられるんだよ。魚だって野菜だってみんな生きているんだ。
命を僕達に捧げてくれるんだよ。本当に感謝だね~。」

食事の前におばあちゃんが祈りを捧げた。




最後にHVAR島の伝統クッキー。
パプレニャック!
お祝い事には欠かせない一品。
b0106609_5145381.jpg


今日は本当にまた夢のような、タイムスリップのような一日。
おじさんが教えてくれたこと・・・自分の手で感じる暮らしをしていきたいと心から思う。
[PR]
by tomaya-croatia | 2010-04-26 05:16 | ありがとう | Comments(7)

桜満開!

今日から半袖を着始めました。
快晴、初夏のスプリット。

飛行機も飛び始め、安心です。

日本のお客様から桜便りが続々と届きました。
b0106609_18443284.jpg


海外に住んでおられるので、桜が恋しいことでしょう・・・と
皆様から心のこもったお便りと桜が次々と・・・。
中にはまだお会いしていなく、これから来るお客様も・・・。

心と友に、心で暮らすことをお客様から学ばせて頂いております。
感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます。

小学校の校庭に咲いていた桜、
岩手県国際交流協会の前の桜道、
好きだったな~。

今日のスプリットです!
b0106609_18503519.jpg

b0106609_1850482.jpg

[PR]
by tomaya-croatia | 2010-04-21 18:51 | ありがとう | Comments(8)

快晴の朝から雨の夕方へ・・・。
今日の日曜日は、私の気持ちを表しているかのよう。

アイスランドの火山の影響により、相次ぐキャンセルのご連絡。
そうですよね・・・日本からヨーロッパへ飛行機飛んでないですよね・・・。

悲しみに打ちひしがれる夕刻・・・。

「ピンポン!」

え?お客様!届いた!
フランクフルトの空港閉鎖により、ミュンヘンに降ろされ、
そこから電車で来たとのこと・・・。
荷物もどこへ行ったのやら・・・届かずほぼ、手ぶら状態。

海外保険を調べても自然災害ではロストバゲージは保険の対象にならないと・・・。

ここまでやっとの思いで辿り着いてくれたお客様。

こうなったら!火山限定の思い出を!
火山のごとく思い爆発!

ちなみに今日はザグレブースプリット間も飛行機が飛んでおりません。
ボートショーに来ていた方々も、今日が最終日なのに足止めされている状態。

自然にはかないませぬ・・・。
[PR]
by tomaya-croatia | 2010-04-19 02:45 | Split宿『苫屋』 | Comments(8)

東京女性合唱団

初夏!
と思いきや・・・またまた雲が立ち込めるスプリット。
日本も寒い春らしく・・・どこもかしこも異常気象。

アイスランドでは火山が噴火!
お客様は無事クロアチアに着かれるのでしょうか・・・。
またお客様は無事日本に戻ることができたのでしょうか・・・。

安全な出国帰国を願っております。

先日、東京女声合唱団のコンサートがスプリットのドミニク教会で行われました。

クロアチア国歌の美しいハーモ二ー。
題目になかったため、スプリットの聴衆は慌てて立ち上がり、
驚きと嬉しさの中、国歌を聴いておりました。

東京女声合唱団は、最年少で42歳、最高齢で79歳。
母親世代のやわらかい女性の声での「ふるさと」は心に響き、
涙が止まりませんでした。

最後はスプリット女性合唱団と共に日本とクロアチアの曲の合同合唱。

「スプリットの夜」という曲は、聴衆も一緒に大合唱!

元々合唱に涙腺が弱く、更に日本とクロアチアの素敵な交流・・・。
あまりの感動に一人号泣する私を見て、大笑いする友達・・・。

東京女声合唱団主催の打ち上げも大盛り上がり!
みんなの笑顔が溶け合うこの瞬間がやっぱり大好きです。

これからもこんな交流が続いていけばいいな~。

b0106609_233271.jpg

[PR]
by tomaya-croatia | 2010-04-17 02:32 | Split | Comments(6)

聖夜の行進  Part2

まるで夏の陽気のスプリット。
Tシャツ、ワンピース姿の観光客がたくさん!
ボートショーも今日から始まり、スプリットは人がいっぱいで夏ムード!

それでは聖夜の行進の続き。

夜の10時から長い列を作り歩き出した。
私はスビルチェという村に参加した。ドラギツァさんと腕を組み、歌を歌いながら月夜を歩く。
月が雲で隠れた時に見える満天の星空・・・。星と月が交互に行進を照らしてくれる。
オリーブ畑の中を灯火と歌声だけが静かにほんのり響く。
波打ち際では、波の音と歌声が溶け合い、音が身体に染みわたる。
教会を照らす月は幻想的で、まるでおとぎの世界に来ているよう。
b0106609_428355.jpg


小さい頃こういう風景を思い描きながら絵本を読んでたな~。

b0106609_4285145.jpg

22kmも終わりに近づくと太陽が山から顔を出してきた。
朝焼けに照らされる村は透き通り、凛として姿を現した。
500年前の人たちも、自然と共にここに暮らしていた。
今ままでずっと途切れることなく続くこの聖なる行進。

握手する島人達の手に涙が出た。
大きくて、分厚く、ザラザラしている手。
自然の中で暮らしを重ねた手のぬくもりに感動した。
私もこういう手をもつ人になりたい、と強く思った。
[PR]
by tomaya-croatia | 2010-04-11 04:25 | Split宿『苫屋』 | Comments(2)

聖夜の行進  Part1

久しぶりの雨が降るスプリット。
雨音が静かに休日の終わりを告げている。

今年の復活祭はお客様と共にクロアチアの復活祭の休日を満喫させていただいた。

先日、お世話になったHvar島のIvan Dolacの宿のお母さんからの電話。

「元気?明後日、面白い行事があるからおいで~。一緒に歩こう!」
「歩く・・・?」

Hvar島の6つの村々の教会を22km、男性が十字架を持ち、順番に周って歩く行事が復活祭にある。先頭に灯火を持つ男性軍に続き、十字架を持つ男性、その後を村人が6歳くらいから70歳くらいまで連なり歩く。
先頭から最後尾まで500メートルくらいの長い列を作り、聖歌を歌いながら、夜の22時から朝の7時まで、歩き続ける。
十字架はとても重く、22km歩き続けるのは至難の業。
十字架を持つ役は応募するのだが、生まれたときに応募しても33歳でその順番が周ってくるくらい長い順番待ちだそう。十字架を持つ役の男性は、この日のために身体を鍛えて準備をするそうだ。
500年間何があっても、戦争の時も、途切れることなく今まで続いている伝統行事である。
無形世界文化遺産にも登録されたそう。


こんな神聖な行事に参加させてもらえるなんて!
お客様と相談し、全員一致で参加することに!
スプリット苫屋組は先週木曜日Hvar島に渡った。

お客様とHvarの町を散歩していると、友達が迎えに来てくれた。
最近できた島の南側の町を結ぶ素敵な砂利道を通り、いざIvan dolacへ。
馬でこの道を駆け抜けたい!何と美しい景色!
あ・・・、ロバでのんびりお散歩も楽しそう!
b0106609_1535945.jpg

b0106609_1552739.jpg

b0106609_156165.jpg

b0106609_203611.jpg



Ivan Dolacに着くと、みんながその日の夜の行事の話で盛り上がっていた。
次から次と村人が来てはワインを飲んだり、ケーキを食べたり・・・。
私も調子に乗ってワインを飲んでいたら・・・
宿のお父さん「ユキコ!今日はそんなに飲んだら駄目だ!ちょっとは考えろ!」
といいながら・・・グラスにワインを注ぐ。
え~注がれたら飲んじゃいます・・・体育会系ですから・・・。
b0106609_1575887.jpg


今晩のお母さんの手料理は、血も滴る分厚いビーフステーキに目玉焼き!
それから野原で取れた精が出るハーブのサラダ!
お~元気いっぱい歩けそう!!Mr.Croatiaはここで3個も目玉焼き完食!
この時点で彼のギブアップは許されなくなった。
[PR]
by tomaya-croatia | 2010-04-06 01:58 | Split宿『苫屋』 | Comments(6)

稲妻show!

快晴、初夏のスプリット!
日中は暑くて窓全開!

今日からイースターホリデーが始まった。
観光客もチラホラ、外国ナンバーの車もチラホラ・・・。
祝日に備えお肉屋さんに子羊が丸裸になって何頭もぶら下がっている。

昨夜は急に22時頃から雷が鳴り出した。
そのうち’ビシバシ’稲妻が走り出す・・・。
お客様と部屋の電気を消して、空を縦横無尽に走る稲妻ショーの観賞。
自然が創りだす美!
ワイングラス片手に歓声を上げる私達。

「これで街が停電になったらいいね~。もっと綺麗に見えるね~。」(不謹慎)

しばらくすると・・・街の明かりが・・・パッッ・・・消えた。

「想えば叶うって本当だね・・・。」
「・・・・。」

稲妻ショーの後の豪雨!
今朝の快晴!

洗い立ての爽やかな空気!

稲妻は写真に収めれなかったので、先日の美しい空・・・。







b0106609_1736819.jpg

[PR]
by tomaya-croatia | 2010-04-01 17:36 | Split宿『苫屋』 | Comments(7)