極寒から一転!
春めいてきたフバール島。
アーモンドの花もちらほら咲き始め、春全開へ助走開始!
ローズマリーも碧い花を満開に咲かせている。

イバンドーラッツ(Ivan Dolac)クロアチアの高級赤ワインの名前。
このワインの産地がイバンドーラッツ。
ワインが好きで名前に引かれ、ふらっこの村を訪れてから昨日で丸2年。

↓この日から全ては始まった!!!
(2年前の記事)


私は今この村に住んでいる。
2年前の昨日、ドラギツァの誕生日だった。
ただの旅人だったのに、誕生会に参加させてもらった時から始まった出会い。

昨日もたくさんの人が訪れるため、誕生会の準備!

前菜はスラボニアから自家製のソーセージ、イモツキからの自家製生ハム、パンチェッタ、
ボスニア産チーズ、ドラギツァお手製マグロのパテ!

メインは自家製乾燥アナゴのバカラ風煮込み!
b0106609_1839282.jpg


20キロのアナゴを乾燥させるとたった1.5キロに・・・。その1.5キロのアナゴをジャガイモ白ワインと玉ねぎなどと一緒に煮込む。20キロ分のアナゴが・・・一つの鍋に・・・。

そしてパンも自家製ペッカ製!
b0106609_18411224.jpg

これがまたとてつもなく美味しい!


デザートも2種類の手作りケーキ!

食べるのに夢中で写真が準備段階の2枚しかないのが残念。

島の中でもここまでとことん陸のものから海のものまで自家製だけで揃えた食事は滅多に食べられない。
ここのドラギツァ、ヴィンコ夫婦のクロアチア全土に渡る人望がなせる業。
また彼らの食べ物は、自分達で獲って、育てて食べるということへの対してのこだわり。

漁に出ることから始まり、口の中に入るまでを考えると莫大な時間と手間。
一口、一口が身に染みた。

2年前のひょんな出会いからここに住むことになり、
2年後は家族と言う形で新しい人生をここから始めることになった。

今日はイバンドーラッツの友人宅にロバがやってくる。
私達はまだ飼うまでに至らないのだが・・・。

b0106609_18553023.jpg

[PR]
by tomaya-croatia | 2012-02-25 18:56 | Hvar島 | Comments(6)

フバール島!雪景色!

スプリットでは1958年以来の大雪で大盛り上がり!
金曜日に25センチの積雪を記録し、学校、役所、会社は急遽お休み。
お店まで閉まってしまい、開いている店はもう既に食べ物が無いとか・・・。
車はスノータイヤなんて履いてないから動けず・・・。

それでも稀な雪を楽しんでいるようで、新聞などでもはしゃぐ子ども達、大人たちの写真がいっぱい!

ここフバール島でも雪が積もった。

b0106609_23134982.jpg


b0106609_23141952.jpg


30過ぎの大人がわざわざ山に登り、雪合戦を楽しんだりとか・・・
峠を越えられなくて50キロ以上遠回りして家路に着いたとか・・・

いろいろな雪の話題で盛り上がっている。

岩手出身の私にとって、とても新鮮な人々の反応であった。
[PR]
by tomaya-croatia | 2012-02-05 23:20 | Hvar島 | Comments(6)

遂に~!

日本も寒いと聞いておりますが、
クロアチアも今週からさらに寒~い日々が始まりました。
20年に一度の寒さとか・・・。

普段は最低でも10度前後のフバール島も土曜日はマイナス5度まで下がると予想されております。
今朝はフバールの町に雪が降ったそう・・・。

イバンドーラッツ(Ivan Dolac)にある苫屋にはまだ雪は届いておりませんが、
北風の中、レモンが必死に木に捕まりながら揺れております。

そんな中!昨夜~~~~~!
やっとやっと苫屋に初の火が灯りました。
ずっと部屋でもダウンコートにフリース2枚を着込まないと寒い日々が続いたのですが、
薪ストーブの登場によりやっと暖かい暮らしが始まりました。
感激です。感謝です。暖かいってありがたい。
縮こまっていた日々が開けたように感じます。

b0106609_18575862.jpg


もちろん薪ストーブには岩手代表 南部鉄瓶!
鉄分もバッチリ確保です!
[PR]
by tomaya-croatia | 2012-02-02 19:00 | Hvar島 | Comments(6)