先週までの暖かさが嘘のように突然寒くなったフヴァル島、
太陽さえ照ってくれれば春らしい気温。
今週フヴァルに来られる方は厚手のジャケット必須です!!

今日はおばあちゃんの味、ソパルニク。

お義母さんは、オミシュの近くガータ村の出身。
今年で81歳になったお義母さんは、私たちの村で島外から嫁いだお嫁さん3人目。
ソパルニクはそのガータ村やオミシュ周辺で古くから伝わる伝統料理。

ブリトバ(ふだん草)をたっぷり使ったパイのような、ピザカルツォーネのような・・・。
この村で作れるのはお義母さんだけ、今のうちに習っておかなければ!

畑から成長しきった硬いブリトバのみ、収穫。
緑の葉の部分だけ使う贅沢料理。
細かく切って、一日乾燥させる。
b0106609_21330508.jpg
b0106609_21312841.jpg


翌日オリーブオイル、玉ねぎのみじん切り、塩をまぶし、小麦粉の生地で包んでオーブンで焼く。
簡単なようで2キロの小麦を捏ねるのは結構体力勝負。

b0106609_21341589.jpg
b0106609_23362262.jpg
b0106609_23373248.jpg
焼きあがったら、仕上げにオリーブオイルを塗り、その上にニンニクのみじん切りを散らす。

大量に作ったソパルニクは近所や親戚に!
お義母さんがソパルニクを作ると家族は大喜び!

これは家庭のソパルニク。
本場のソパルニクはオーブンではなくペッカ(ベル型の鉄蓋)を使うので、大きな丸い形に仕上がる。
それを細かくひし形に切って食べる。
スプリットの市場などでもオミシュの方からやってきて、ひし形に切ったソパルニクを売っているので是非お試しを!

ここでびっくり話。
 
 近所のおばあちゃん達はお義母さんと仲良しだけれども、ソパルニクは島の食べ物じゃないからと、未だに試そうともしない。
近所でソパルニクを食べるのは、ボスニアから嫁いできたおばあちゃんと、チェコから嫁いできたおばさん。
たった50キロぐらい先の同じクロアチアの村の食べ物ですけど・・・。
ブリトバだって島の畑で獲れたもの。でもソパルニクという食べ物になると一切試さない。
食べ物に対する大きな壁、これは一体何だろう?
この村で生まれ育ち、島の人と結婚したおばあちゃん達は島で知らない食べ物は一切食べない。
クロアチアのものでも島のものじゃなければ食べない、試そうともしない。
仲の良い毎日おしゃべりする友達が作ったものなのに・・・驚いた。
日本の島の田舎でもそうなのだろうか・・・。私の祖母は94歳になるけれど、何でも試す。田舎だけれどその土地に根差してないからだろうか?
この村に頑なにあるこの硬~いものは何だろう・・・。

お義母さんは、友達がソパルニクを島のものじゃないから食べないというのを当たり前に思っているようで、
「食べてもらわない方がいい!その分私達がたくさん食べられるから!」と笑っている。

ちなみに、お義母さんも知らないものは一切食べない!!笑









[PR]
# by tomaya-croatia | 2017-04-18 23:12 | 苫屋 農家 | Comments(0)

アドリア豆腐

毎日日中は25度前後の大快晴が続くフヴァル島。
泳げるのを今か、今かと待つ娘。
今日も水着を着てシュノーケルまで付けて挑戦!
足だけ入って断念。
冷たーい!

あまりに美しいアドリア海、水がとても澄んでいる。
今日はこの海水を使って豆腐作りを試みた。
b0106609_03573894.jpg

b0106609_03570848.jpg
実は一人で豆腐を大豆から作るのは人生初。
6年くらい前に引っ越しの御祝いに頂いた檜の豆腐箱、大活躍!
しかもアドリア海の海水で作った豆腐の美味しいこと!!!
大豆の味がしっかり、くっきり!!
こんなに美味しい豆腐がこんなに手軽にできるとは!
今年の夏は冷奴も食べられる!
何年アドリア海岸に住んでいるのだろうか・・・今まで試さなかったことを少しだけ後悔した。

岩手の友人から貰った岩手の固有種の大豆、
目標はこの大豆を育てることを成功させ、豆腐を作ること!!

目指せ!岩手とアドリア海の美味しいコラボ!

b0106609_03581041.jpg












[PR]
# by tomaya-croatia | 2017-04-02 04:32 | 苫屋 食 | Comments(0)

b0106609_20285100.jpg
このスポットライトと歓声を浴びるのが好きで、毎年メダルをもらうことを楽しみにしている娘。
メダルが貰えるかどうかは、その年のオリーブオイルの出来にかかっているのだけれど、ドキドキしながら表彰を待っている両親の横で、
貰えると思い込んでステージに上がる準備をしている娘が羨ましい。

今年のエキストラバージンオリーブオイルの酸度は0.4%。
夏の乾燥が激しく前年度より少し高め。
基準の0.8パーセントよりは大分低かったので安心ではあるが、
乾燥対策を今年はどうするかが課題。
今年の結果は銀賞3つ。銀メダル3つ。
オリーブオイル(レモン)オリーブオイル(ゆず)エキストラバージンオリーブオイル
ゆずというクロアチアでは誰も知らない果物を使ったオイルについて今年は質問攻め。


今年のオリーブオイルのコンテストはフヴァル島のイエレサ(JELSA)で行われた。
近所の町と言うこともあって、パウロはバスガイドに抜擢された。
参加者としてフヴァル島の観光に参加してみた。
普段は案内する側、案内される側に立ってみるのが新鮮だった。

b0106609_20293318.jpg
                やはりいつも見ても惚れ惚れするアドリア海の碧。
b0106609_20312809.jpg
 地元の人で賑わうフヴァルの朝カフェ。観光客じゃないことが雰囲気から滲み出ていて面白い。
b0106609_20303189.jpg
オリーブオイルの試食。オリーブオイルは娘の大好物。













[PR]
# by tomaya-croatia | 2017-03-26 23:10 | 苫屋 農家 | Comments(0)

本日の収穫 

日差しが強くなり、日中は海に入れそうな陽気のフヴァル島。
嬉しい長~い春が始まった。

本日の収穫は、ほうれん草、ふだん草、キャベツ一玉。
異常気象のマイナス8度を乗り越えた葉野菜は味が濃く、格別に美味しい~!
耕すけれど、完全無農薬・無肥料にこだわっています。

b0106609_21394268.jpg

[PR]
# by tomaya-croatia | 2017-03-22 21:43 | 苫屋 農家 | Comments(0)

奇跡のフィーチョ

12年前クロアチアに住み始めた頃から、ずっと欲しい車があった。
それがフィーチョ!

島でフィーチョに乗って暮らしたい!

ずっとずっとそう思っていた・・・・

8年位前の夏、スプリットからフヴァル島のヴルバニュの亜希子さんのところに遊びに行ったときのこと。
ワインを買いにワイナリーに行った。
ワイナリーの前には山吹色のフィーチョが停まっていた。

「この車欲しいんだよね~。」
亜希子さんは・・・
「この車に乗っている人と結婚しちゃえばいい!そしたら旦那付だよ」と冗談で言った。

時は流れ・・・・

2016年。

パウロが丘の一番上の畑に行くためだけに後ろエンジンの車を探していた。
どんなに古くてもいいから安いやつ・・・
情報収集していると、島内で300ユーロでフィーチョが売りに出ていると・・・。

フィーチョ????欲しい!!
壊れるから絶対ダメと乗ることをパウロに反対されていたフィーチョ。
欲しい!
今まで反対していたパウロも、「安いし畑に行くだけならいいか・・・。」

遂にフィーチョが!!!

そして何とフィーチョを取りに行ったら・・・。

そのフィーチョは6年前にパウロのお父さんが亡くなった際、売られてしまっていたフィーチョだった。

お父さんのフィーチョが今、息子のところへ・・・。

そしてそれは8年前ワイナリーの前に停まっていたフィーチョ。

パウロは当時ワイナリーで働いていて、お父さんのフィーチョで出勤していた。
あの時、ワインを売ったのもパウロ、ラベンダーの蒸留を見せてくれたのもパウロ。

知らぬ間に亜希子さんの冗談が本当の現実になった。

欲しいな~って思っていたものが、こんな形で手に入るとは・・・。
人生面白いことだらけ!!!

b0106609_16302341.jpg

[PR]
# by tomaya-croatia | 2016-10-17 16:30 | ありがとう | Comments(2)

2016 夏

今日は朝から嵐の予報・・・なのに外は朝からピーカン快晴!
終わった夏が舞い戻ってきた!

今年の夏も盛り盛りであっという間。
初夏のことがまるで大昔のように感じる晩夏。

今年の夏の苫屋はいかに・・・?

6月末のラベンダーフェスタ!
b0106609_2022112.jpg

今年もワインとオリーブオイルのお店を出店しました!

7月7日七夕の日・・・
1998年の旧ユーゴ難民キャンプボランティア隊、約20年ぶりに集合!!
個々では会っているのだけれど、一緒に集まるのはかなり久しぶり。
一人はヨルダンから、一人はブラジルから、一人はクロアチア内陸から・・・
フヴァル島、イヴァンドーラッツに集合。

みんな相変わらず。
子ども達を交えて、当時の話や世界の話ができたことが何より。

8月は人生初、梅干し。(本当は梅じゃない・・・島で獲れた似た果実)
冬に仕込んだ人生初の味噌も美味しくできた。(亜希子先生ありがとう。)
b0106609_204014.jpg

日本に居ずしてもこれさえあれば、日本を感じる。
ちなみに味噌はクロアチア産の大豆、そして岩手の麹、アドリア海はニンの塩田の塩で作った。
当に二つの郷土のコラボレーション・・・
この間今年の夏もたくさんのお客様がいらしてくれた。
本当に有り難い。


8月最後のお客様はクロアチアと日本の間を20年間駆け回る山崎エレナさん。
彼女のクロアチアでの仕事の話、日本に住み始めた当時の話、子育ての話が身に染みた。

b0106609_20463922.jpg

次男君とルチが仲良しに!

9月に入り1ヶ月ぶりに雨が降った後、急に涼しくなった。
久しぶりのカッパを楽しむ娘。
b0106609_20474488.jpg


もう夏も終わりか~と思いきや・・・
また夏が今朝やって来たのでした。

また来週から日本のシルバーウィーク?に則りお客様がいらっしゃる。
久しぶりの雨とともに気の抜けた自分に気合を入れ、感謝の気持ちを込めてブログ更新!!!
[PR]
# by tomaya-croatia | 2016-09-08 20:52 | Hvar島 | Comments(0)

お客様の送迎から家に戻ると、ワインとオリーブオイルのテイスティングの跡だけが残り誰もいない。
宿の案内をお客様にしていると、鼻歌を歌いふにゃふにゃになったパウロが戻ってきた。

???

ことの経緯を聞いた私も驚愕!

娘のルチを海に連れて行ったパウロ、そこでシンガポール人の夫婦に話かけられた。
いろいろ話しているうちに、ワインを試しに来ないか?となったらしい。

うちに来てワインのテイスティングをしながら、オリーブの話になったらシンガポールの奥様の目が輝いた。
「オリーブオイルもテイスティングしたいわ!」

いつも通りパンを切って、2種類のオリーブオイルとともに出した。

奥様「パンじゃなくて直接飲んでみたいの、小さいカップはあるかしら?」

パウロはこの質問に、この人はオリーブオイルに詳しい人なんだなと思った。
「青いカップ(コンテストなどで使うテイスティングカップ)は無いですが、これでどうでしょう。」と差し出す。

奥様は両手でオイルを温めながら口に含んだ。
飲んだ後の奥様の目が真ん丸く大きくなり、品種の話などの質問攻めに。
パウロはコンテストで優勝したオイルの分析表を奥様に見せた。

奥様「A~~~~ha~~~~you are Paulo Caric!!! I was looking for you today!!!」
「あ~パウロツアリッチさん、今日あなたを探していたのよ!!!」
分析表の名前を見た奥様の反応。

「実は私フロスオレイ(権威ある世界オリーブオイルガイドブック)の審査員なの!」
スビルチェ村のオイル工場行ったら誰もいないし、村人にあなたのこと聞いたらこの村に今は居ないって言われたし、今日はオイルに縁がないわねって思って、ビーチに来たのよ!!!」

「このオイル素晴らしい、素晴らしいわ!」

この間行われたクロアチアのオイルコンテストの結果表を持ち歩いていたらしい。

フロスオレイ(世界オリーブオイルガイドブック)は世界で最も権威のあるオリーブコンテストの一つ。
オリーブ生産者に取ってここで金賞を取ることが目標だったりする。

パウロもいつかは出品したいってずっと思っていた。

まさか!!
その審査員があちらから歩み寄って来てくれた。オイルをべた褒めしてくれた。
そしてそのチャンスを神様が繋いでくれた。
何で村から離れたこのビーチに来た?何でパウロに話しかけた?いろいろな偶然が重ならなければ会えなかった。

人生そんな小さな偶然が重なり成り立っているものかもしれないが、今回ばかりは神様が「前に進みなさい」って背中を押しに来てくれたように感じる。(私の意見)

奇跡だねってパウロに言うと・・・
「奇跡?明日はペンキ塗りに行かないで、オリーブを守るため酢を仕掛けに行きなさいってメッセージだな。」

確かにそうかも知れない・・・。

先を見るのも大事かもしれないが、明日のオリーブを守らない限り、その先は無いのだ。
[PR]
# by tomaya-croatia | 2016-06-11 06:25 | ありがとう | Comments(2)

6月に入り船便も増え、観光客も続々と島へ押し寄せております。

6月の船のダイヤをお知らせいたします。
毎年便数が増えており、フヴァル島にアクセスしやすくなっております。
7月からのハイシーズンは更に便数が増える予定です。

では6月3日から6月30日の船のダイヤです!
サイトはこちら!ヤドロリーニャ

b0106609_451465.jpg


更に何と7月から9月11日まではこのようなラインが増えます!
b0106609_4515980.jpg


ということは!!!苫屋はイエレサ港が一番近いということで、
早朝6時イエレサ港からボルへ移動、一日ボルを楽しんだ後、16時15分ボル発ドブロブニク行きに乗ってドブロブニク着21:30もありですね~!

スプリットに行かずともドブロブニクーフヴァル間直接アクセス可能です!

フヴァル島とドブロブニクを直接結ぶ高速船はこちら!
サイトクリロジェット

フヴァル港発8:55
ドブロブニク着12:00

ドブロブニク発16:30
フヴァル着19:45

7月1日から9月11日まではこちらも加わります。

フヴァル発17:30
ドブロブニク着21:30

ドブロブニク発7:15
フヴァル着11:15

その他!飛行艇でもフヴァル島へ楽ちん、かつ景色が美しい観覧移動!
サイトはこちら!ECA(航空会社)

スプリットの空港から直接フヴァル島イエレサ港へ!!!
13:20発 スプリット空港近くの港発
13:43着 イエレサ港(フヴァル島)

スプリットの町中からフヴァル島イエレサ港へ!
8:00発
8:11着

12:05発
12:16着

19:05発
19:16着

短い飛行時間ですが、景色が綺麗で見とれてしまいます!
隠れたビーチなども空から見られて楽しかったです!

b0106609_510113.jpg


フヴァル島で皆様のお越しをお待ちしております!!!
b0106609_512057.jpg

[PR]
# by tomaya-croatia | 2016-06-06 05:12 | Hvar島 | Comments(1)

苫屋畑 2016

5月も中旬に差し掛かり、畑仕事にハイシーズンへの準備に忙しいフヴァル島。
冬季休業のため閉まっていたお店もレストランもチラホラと営業開始!

初夏の清々しい快晴が続き、夏の足音も聞こえております!

今年から拡張した苫屋畑!
もちろん無農薬!肥料無!耕しただけの畑でどこまでできるのか!
じゃがいも、いんげん、ひよこ豆、グリーンピース、人参、はつか大根、大根、ルッコラ、かつお菜、
ほうれん草、ふだん草、かぼちゃ、ズッキーニ、トマト、ナス、オクラ・・・。
b0106609_1571436.jpg


大根とかぼちゃは種が島でもスプリットでも手に入らずAkikoさんがザグレブで見つけてくれた!!
かつお菜は岩手の苫屋さんから頂いたもの。
大豆は種が続かず残念ながら今年は無し・・・。

去年より大分種類を増やし、耕作面積も拡張し、果たして無農薬・肥料無でどうなるのか!!!
できあがりが楽しみです。
無事お客様の御口へ届きますように・・・。

今春初の収穫ははつか大根とほうれん草、ルッコラ!
b0106609_21336.jpg


b0106609_222210.jpg


生野菜を好まなかった娘も自分で種を蒔き、収穫した野菜だけは別。
土を払って即効口へ。
収穫しながら食べておりました。

今年はオリーブにもたくさん花の蕾が付いた!秋に良い収穫となりますように・・・。
b0106609_263364.jpg

[PR]
# by tomaya-croatia | 2016-05-17 02:07 | ありがとう | Comments(0)

毎年行われるオリーブオイルコンテスト、Nocnjak(ノチニャック)2016がブラーチ島のボルで開催された。

これまで金賞受賞を繰り返してきたが、今年は何と!!!
単一品種エキストラバージンオリーブオイル部門で見事1位に輝いた!!!

100点満点中99.17を獲得!!!
酸度0.14%!!!

b0106609_20305381.jpg


b0106609_20311724.jpg


お見事!!!

先祖代々オーガニックで続くオリーブ畑、害虫被害に遭い1滴もエキストラバージンができなかった2014年。
農薬なしで生産を続けることが不可能だと大半の人は農薬を使い始めた2015年。
パウロはそれでも無農薬にこだわりたいと、試行錯誤を繰り返した。
初心に帰ろうと、先人の知恵、自分のワインから作ったビネガーを木に一本一本吊るして歩いた。
周りはそんなことしても無駄だと言った。

幸運なことにそれが功を奏し、2015年の収穫は害虫の被害に一切あわなかった。
傷一つない美しいオリーブの収穫ができた。

まだまだ2014年の木のダメージが大きいのか生産量は少ないけれど、
質としては抜群のオリーブオイルができた。

オリーブオイルコンテストにはオーガニックなのか、そうじゃないのかというカテゴリーは無い。
ラベルなどオイルの情報は一切伏せられ、分析、審査される。
その中でふたを開けて見たら、オーガニック栽培のオリーブオイルが1位を取ったこと、
この上なき喜びである。
質、味、安全、全て最高品質だと認められたように感じる。

本当に自然と先人に感謝の結果だった。
[PR]
# by tomaya-croatia | 2016-03-21 20:36 | Comments(2)