チーム元教員

動の夏が終わり、秋風と共に静かな苫屋が始まった。

お客様、1日平均2~3人の季節。
冬は夏の放出したエネルギーを静かに蓄える良い季節。
夜な夜なお客様とゆっくり話す機会が多く、嬉しい。

本日、なんとお客様1名様。

昨日彼と話していて分かったのだが、彼は元小学校教員。
世界を旅してから、また教員採用試験を受け、教員になるという。
子ども達に伝えるものを!と旅だった。
ユーラシア大陸を中国からヨーロッパまで、また帰りも中国まで違うルートで戻る。
目標期間1年。

あれ?
今住み込みで苫屋を手伝ってくれている、男性。
彼は元高校教員。
世界を旅してから、また教員採用試験を受け、教員になるという。
以上と同文・・・。
彼は2年間世界1周の旅。

あれれれれれれれ?
クロアチアで宿をしたくて、旅立った私は元中学校教員。

なんと面白い偶然だろうか?
しかも教員を辞めて旅している2人がここで出会うなんて・・・。
辞めてまで旅立ち、また再び教員になるために旅している人は少ないのではないだろうか・・・。
再び教員採用試験突破は簡単なことではない。

今宵はここはどこ??
と言わんばかりに教育話でもちきりに。
夜中まで語り合う。
この2人には夢がある。
再び学校へ戻って、子ども達に伝えたい!
日本の子ども達への熱い想い。

真剣に語る姿に、こちらまで熱くなる。

世間では問題になっている教員ばかりが目立つけれど、日本の子ども達のことを真剣に考え、子ども達への夢を持っている教員はもっともっとたくさんいると思う。

実際、私が教員をしていた頃も周りには尊敬できる教員ばかりだった。
特に私がお世話になった隣のクラスの担任の先生は、
尊敬する方の一人である。今も彼女から教えられたことが私の中に活きている。
その時は気付かなかったけれど、今になって活きている彼女のたくさんの教えに感謝の気持ちで一杯である。彼女は子ども達だけでなく、同僚の私のことまで真剣に考えてくれた。

・・・・久しぶりに教員生活を振り返った夜だった。

またこんな日に素晴らしい夕陽!








b0106609_05380.jpg
b0106609_052632.jpg
b0106609_054194.jpg

[PR]
by tomaya-croatia | 2008-10-09 23:58 | Split宿『苫屋』